logo_news.png

新着記事・活動報告

検索

2021年6月11日第14回成育基本法推進議員連盟を開催いたしました

2021年6月4日第14回成育基本法推進議員連盟(会長:河村建夫、事務局長:自見はなこ)を開催いたしました。厚生労働省より「成育医療等の提供に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針」閣議決定についてご報告いただくとともに、日本小児科学会会長岡明先生に「小児思春期の切れ目ないヘルススーパービジョン」、富山県議会議員奥野詠子先生に「子どもや成育過程にある者への支援に関する提言について」とそれぞれ題しご講演いただきました。生涯にわたる健康の基盤となる小児思春期の心身の健康を守るために成育基本法による包括的な支援の必要性について、また成育基本法を受けた地方での実際の取り組みについてお話しいただき、成育基本法の理念を推進するため今後も超党派で議論を重ねて参る決意を新たにいたしました。









【次第】


【厚生労働省①「成育医療等の提供に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針」閣議決定について】

【厚生労働省②予防のため子ども死亡検証体制整備モデル事業】


【日本小児科学会会長岡明「小児思春期の切れ目ないヘルススーパービジョン」】


【富山県議会議員奥野詠子先生「子どもや成育過程にある者への支援に関する提言について」】

最新記事

すべて表示

自民党新型コロナウイルス感染症対策本部・新型コロナウイルスに関するワクチン対策PT合同会議

7月13日、標記合同会議が緊急で開催され、河野太郎ワクチン担当大臣から接種状況等について説明がありました。 私も発言の機会を頂き、迅速なワクチン接種のため、国の支援策等も活用しつつ体制を整えた医療機関も多数ある中で、必要な量のワクチンが現場に届いていない状況となり、接種の最前線を担う医療現場に混乱が生じていることを申し上げました。 また、現在2070円の新型コロナワクチンの接種単価がインフルエンザ

新型コロナウイルス感染症に係る短期滞在入国者等の医療費について

現状、新型コロナウイルス感染症で入院した場合、感染症法の規定により医療費の自己負担分(日本の公的医療保険加入者は原則3割、外国人など日本の公的医療保険未加入者は全額)公費でまかなわれます。感染症の蔓延を防ぐために必要な措置ですが、一方で、訪日外国人観光客など一時的な滞在で、かつ民間医療保険に加入するなど十分な支払能力がある外国人にも公費で治療費が支払われるという問題がありました。 本件について、参