logo_news.png

新着記事・活動報告

検索

2021年6月2日第3回臨床工学技士を支援する議員連盟(旧:臨床工学技士の資質向上を求める議員連盟)を開催いたしました

2021年6月2日第3回臨床工学技士を支援する議員連盟(会長:野田毅、事務局長:自見はなこ)を開催いたしました。厚生労働省より「臨床工学技士法の改正について」についてご報告いただくとともに、今般の状況を鑑み「新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を推進するための各医療関係職種の専門性を踏まえた対応の在り方等に関する検討会について」、「感染症対応を踏まえた第8次医療計画策定について」も併せてお話しいただきました。

その他「日本臨床工学技士会、日本臨床工学技士連盟の要望・取り組みについて」公益社団法人日本臨床工学技士会本間崇理事長にお話しいただきました。また、済生会宇都宮病院栃木県救命救急センター所長・特定非営利法事 日本ECMOnet 理事小倉崇以先生に「臨床工学技士の役割と評価について~ICU等における新型コロナウイルス感染症重症対応にあたって~」と題しご講演いただき、臨床工学技士がチーム医療の中でより一層活躍していけるよう、引き続き議連活動を継続して参ります。







【次第】


【厚生労働省①臨床工学技士法の改正について】


【厚生労働省②新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を推進するための各医療関係職種の専門性を踏まえた対応の在り方等について】


【厚生労働省③感染症対応を踏まえた第8次医療計画策定について】


【日本臨床工学技士会、日本臨床工学技士連盟要望】


【日本臨床工学技士会、日本臨床工学技士連盟要望資料】


【 日本ECMOnet 理事小倉崇以「臨床工学技士の役割と評価について~ICU等における新型コロナウイルス感染症重症対応にあたって~」】









最新記事

すべて表示

自民党新型コロナウイルス感染症対策本部・新型コロナウイルスに関するワクチン対策PT合同会議

7月13日、標記合同会議が緊急で開催され、河野太郎ワクチン担当大臣から接種状況等について説明がありました。 私も発言の機会を頂き、迅速なワクチン接種のため、国の支援策等も活用しつつ体制を整えた医療機関も多数ある中で、必要な量のワクチンが現場に届いていない状況となり、接種の最前線を担う医療現場に混乱が生じていることを申し上げました。 また、現在2070円の新型コロナワクチンの接種単価がインフルエンザ

新型コロナウイルス感染症に係る短期滞在入国者等の医療費について

現状、新型コロナウイルス感染症で入院した場合、感染症法の規定により医療費の自己負担分(日本の公的医療保険加入者は原則3割、外国人など日本の公的医療保険未加入者は全額)公費でまかなわれます。感染症の蔓延を防ぐために必要な措置ですが、一方で、訪日外国人観光客など一時的な滞在で、かつ民間医療保険に加入するなど十分な支払能力がある外国人にも公費で治療費が支払われるという問題がありました。 本件について、参