jimi_photo_news_edited.png
logo_news.png

新着記事・活動報告

検索

参議院内閣委員会で質問




5月24日、参議院内閣委員会で「こども家庭庁設置法案」、「こども基本法案」の審議があり、80分にわたり質問に立ちました。5月18日の参議院本会議でも代表質問に立ちましたが、委員会での審議ではより具体的なテーマに切り込みました。野田聖子こども政策担当大臣、古賀篤厚生労働副大臣、池田佳隆文部科学副大臣、津島淳法務副大臣、山田太郎デジタル大臣政務官、政府参考人のほか、こども基本法提案者である加藤勝信衆議院議員に対し、「こども家庭庁」の予算獲得、病児保育、産科医療補償制度、治療用装具の療養費、データ連携と個人情報などをテーマに質問しました。


質問の映像は、参議院インターネット審議中継でご覧いただけます。

議事録はこちらからご覧頂けます
















最新記事

すべて表示

乳幼児における視覚異常の早期発見について、成育基本法推進議員連盟として取り組み、2021年2月に閣議決定された成育医療等基本方針にも盛り込むことができ、2022年4月からは厚生労働省の新規事業「母子保健対策強化事業」として予算措置がされています。 この度、各自治体での3歳児健診における視覚の屈折検査の導入状況について日本眼科医会の調査結果の速報値が判明しました。 https://www.ganka