jimi_photo_news_edited.png
logo_news.png

新着記事・活動報告

検索

参議院予算委員会で質問3/6「外国人医療問題(民間医療保険加入義務化)について」




訪日外国人観光客の受け入れ再開に向けた取り組みが進められています。個人旅行を再開するのであれば、並行して新型コロナウイルス感染症を感染症法上の5類にすることになると考えられますが、5類になると、コロナ診療の公費負担がなくなり、患者の自費対応となります。訪日外国人の皆様に安心して我が国で観光を楽しんでもらうためにも、また医療費未払い防止のためにも、訪日外国人観光客の医療保険加入義務化を検討すべきではないかと、岸田文雄総理に質問しました。

岸田文雄総理からは、民間医療保険加入促進等を盛りこんだガイドラインの策定と順守について、観光庁から旅行代理店を指導するほか、個人旅行についても医療費不払い歴のある者の入国審査の厳格化を周知徹底するなどして民間医療保険加入を進めていきたいとご答弁いただきました。

自民党「訪日外国人観光客コロナPT」事務局長としても、引き続きこの課題に取り組んで参ります。


質問の映像は、参議院インターネット審議中継でご覧になれます

議事録はこちらからご覧頂けます













最新記事

すべて表示

乳幼児における視覚異常の早期発見について、成育基本法推進議員連盟として取り組み、2021年2月に閣議決定された成育医療等基本方針にも盛り込むことができ、2022年4月からは厚生労働省の新規事業「母子保健対策強化事業」として予算措置がされています。 この度、各自治体での3歳児健診における視覚の屈折検査の導入状況について日本眼科医会の調査結果の速報値が判明しました。 https://www.ganka