jimi_photo_news_edited.png
logo_news.png

新着記事・活動報告

検索

医療機関への財政支援の延長ができました!


7月末までとされていた新型コロナウイルス感染症に対する医療提供体制整備のための財政支援措置が、9月30日まで延長となりました。


  • 転入院支援のための即応病床への緊急支援(1床当たり450万円)

  • 発熱外来を公表している場合の診療報酬の追加的対応250点

  • 重症化リスクの高いコロナ自宅療養患者への電話等初再診の追加的対応147点

  • 高齢者施設等への看護職員派遣への補助引上げ(1時間当たり5520円→8280円)

  • 施設内療養を行う高齢者施設等への補助拡充(最大15万円→30万円)


全国で感染者数が拡大する中、医療機関に対する一層の支援の拡充に引き続き努めて参ります。 ​






※詳細はこちらの資料をご参照下さい。


最新記事

すべて表示

乳幼児における視覚異常の早期発見について、成育基本法推進議員連盟として取り組み、2021年2月に閣議決定された成育医療等基本方針にも盛り込むことができ、2022年4月からは厚生労働省の新規事業「母子保健対策強化事業」として予算措置がされています。 この度、各自治体での3歳児健診における視覚の屈折検査の導入状況について日本眼科医会の調査結果の速報値が判明しました。 https://www.ganka