top of page
jimi_photo_news_edited.png
logo_news.png

新着記事・活動報告

検索

2023年5月17日超党派成育基本法推進議員連盟第20回総会



2023年5月17日(水)16時、超党派成育基本法推進議員連盟(会長 野田聖子衆議院議員)第20回総会が開催されました。

本議連の国会議員会員163名のうち、WEB・代理出席含めて39名ご出席頂き、私は内閣府大臣政務官の立場として出席いたしました。


議題1では、過去の総会でも何度か議題に挙がりました「成育医療等の提供に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針」の改定につきまして、本年3月22日に閣議決定したことを司会の仁木博文幹事よりご報告いただきました。

成育医療等の提供に関する施策に関する基本的方向と事項、その他の成育医療等の提供に関する施策の推進に関する重要事項について柱建てしたうえで、閣議決定となりました。

令和5年度~令和10年度においてこちらの基本方針が適用されます。(資料1-1、1-2)


議題2では、本年2月21日に行いました前回総会にてこども政策について団体ヒアリングを行いましたが、時間の都合上ご発言頂けなかった7団体より引き続きヒアリングを行いました。

日本小児保健協会(資料2-1)、全国病児保育協議会(資料2-2)、日本眼科医会(資料2-3)、日本臨床耳鼻咽喉科医会(資料2-4)、日本臨床整形外科学会(資料2-5)、日本小児科医会(資料2-6)、日本小児科学会(資料2-7)


議題3では、本年3月31日にまとめられた「こども・子育て政策の強化について(試案)~次元の異なる少子化対策の実現に向けて~」について、こども家庭庁 成育局 藤原局長よりご説明頂きました。(資料3-1、3-2)


最後に議題1~3について出席議員と団体、役所で意見交換をしました。

引き続き真摯にこども関連政策に取り組んで参りますので、何卒宜しくお願い致します。


《資料》




コメント


bottom of page