笑顔・子育て・医療と介護でまちづくり 自見はなこ

訪日外国人観光客コロナ対策プロジェクトチーム提言取りまとめ

12月3日、自民党政調新型コロナウイルス感染症対策本部「訪日外国人観光客コロナ対策プロジェクトチーム」(座長:鶴保庸介参議院議員、事務局長:自見はなこ)にて、政府への提言取りまとめを行いました。

本プロジェクトチームは、新型コロナウイルス感染症の中にあっても国民と訪日外国人観光客の双方にとって安全・安心のもとで観光を楽しめることができるよう施策を提言し、訪日外国人に対応する医療機関や保健所の業務負担を最大限に軽減させる仕組みを提案することで、2021年東京オリンピック・パラリンピックを観客入りで実現させるとともに、その後の訪日観光客拡大につなげるための基盤を構築することを目的に、本年11月6日から有識者、業界団体等からのヒアリングを計6回実施し、議論を重ねて参りました。

提言では、

・入国前(水際対策、入国後の行動規制の履行確保)

・入国時(水際対策)

・国内対応(早期発見・早期対応、行動規制)

・出国の陰性証明取得支援

・人材確保

と項目立てをして、必要な施策を述べています。

取りまとめ後、鶴保座長が「提言を取りまとめてそれで終わりではない。実際に国民の暮らしが良くならなければ意味がない。引き続き取り組んで参りたい」と仰ったとおり、提言の実現に向けて頑張ります。

【提言全文】こちらからご覧になれます。

【東京オリンピック・パラリンピックに向けたコロナ対策イメージ図】こちらからご覧になれます。

【PTヒアリング対象一覧】こちらからご覧になれます。

11月6日 第1回PT 「海外の往来要件の現状と方向性」 国際文化会館理事長近藤正晃ジェームス」、 「国内PCR等検査の精度管理と国際的な現状と方向性」 東海大学医学部基盤診療学系臨床検査学教授 宮地勇人 、「TeCOTの現状と取り組みについて」 経済産業省貿易経済協力局投資促進課長木尾修文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月11日 第2回PT 「ダイヤモンドプリンセス号の外国人観光客の医療費の調査研究中間報告」国際医療福祉大学医学部公衆衛生学・医学研究科教授和田耕治 、「査証発効・CIQの業務フロー」外務省領事局外国人課長北浦康弘 ・出入国在留管理庁出入国管理部出入国管理課長市村信之・厚生労働省新型コロナウイルス対策本部室長西平賢哉、「国際線の再開に関しての乗員・乗客の課題」定期航空協会

 

11月13日 第3回PT 「観光地における外国人観光客コロナの対応についての保健所の課題」 京都市保健所長 山田典子、「外国人観光客のコロナ医療機関対応の課題」 国立国際医療研究センター国際診療部客員研究員堀成美

 

11月20日 第4回PT「旅行業界における外国人観光客コロナ対応の課題」日本旅行業協会、「宿泊業界における外国人観光客コロナ対応の課題」全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会・日本ホテル協会・日本旅館協会・全日本シティホテル連盟、「飲食業界における外国人観光客コロナ対応の課題」 日本フードサービス協会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月27日 第5回PT「自治体における外国人観光客コロナ対応の課題」 全国知事会平井伸治鳥取県知事

 

11月27日 第5回PT「事前合宿の課題:パラ陸上・共生ホストタウン」 香川県高松市長 大西秀人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月27日 第5回PT 「大会後交流型の課題・陸上、復興ありがとうホストタウン」 岩手県野田村村長 小田祐士

 

12月2日 第6回PT「運輸業界における外国人観光客コロナ対応の課題」JR東日本・日本民営鉄道協会・日本バス協会・全国ハイヤー・タクシー連合会・日本外航客船協会 日本旅客船協会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月3日 第7回PT提言とりまとめ

 

12月7日 自民党観光立国調査会にてPTの提言を説明させていただきました。